妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠中の頭痛

むやみに薬を飲めない妊娠中の頭痛とは辛いものです。
それなのに結構な頻度で妊娠中の頭痛が起こるのです。
その理由も様々ですが、頭痛のメカニズムとして脳内の血管の拡がりが痛みを引き起こすのが原因です。

拡がった血管は神経を圧迫して痛みを生じさせます。
それは体調、ストレス、肩こり、ホルモンの影響など色々で、妊娠中にも容赦無く頭痛はやってきます。

妊娠中の頭痛の原因と対処法

辛いのが妊娠してから頻繁に頭痛がするようになることでしょうか。
本当に妊娠してから頻繁になったのか、妊娠してから薬を飲めないとなると余計に頭痛が堪えてそう思うのか…。

妊娠中の頭痛
どうあれ医師が妊娠中でも飲んで良いとした頭痛薬も抵抗がある人が多いので、少しでも和らぐよう良い方法を見つけて付き合わなければなりません。
まず、初期から中期にかけて起こる頭痛はホルモンの影響が多いようです。
月経前の症状の一つに頭痛もありますが、それも妊娠中に多く分泌されるエストロゲンが関係しています。

このエストロゲン、多くても少なくても大きく身体に影響を与えるホルモンで、特に初期から中期にかけて揺さぶられるように乱れるホルモンバランスが頭痛を誘発します。

そして中期から出産までの期間、エストロゲンは安定してきてホルモンバランスの乱れによる頭痛は一旦停止します。
しかし、その間は胎児の成長で大きくなったお腹や発達するバストを支える肩の筋肉のコリで脳内へ送る血流を邪魔してしまい、頭痛が起こる事もあります。
妊娠していなくてもこのケースの頭痛は多いですね。

特に女性の場合は貧血も相成り、頭痛がやや強くなるようです。
妊娠中期から出産までとなると、この手の頭痛の対処法は温めて血流を良くすることだそうです。
肩にホットタオルを乗せる、緊迫した血管を解すために肩はもちろん、こめかみなどもマッサージしたりと、それなりに緩和させてくれるので良い凌ぎになります。

また、妊娠中の高血圧症や鉄分欠乏性貧血も頭痛を誘発します。

どうしても頭痛がつらい人に有効なのは何?

なんだか妊娠中は頭痛要因だらけですが、出産と同時に頭痛は治まる事が殆どです。
(とはいえ、赤ちゃんが生まれれば寝不足で頭痛が起こる可能性が大ですが)

どれをとっても妊娠中の頭痛は不思議ではないのですが、普段は殆ど頭痛に見舞われることがなかった人にとっては、妊娠してから頭痛が起こるとなると不安を抱えることになります。

ただでさえ妊娠中は家族ができるという期待はもちろん、出産や育児への不安もたくさんあるのですから慣れない頭痛は嫌ですね。
不安へ直結するようなら、医師に相談して妊娠中でも飲める鎮痛剤を処方してもらいましょう。

また、妊娠中は避けている人が多いカフェインも有効です。
カフェインも大量に摂取しない限り胎児への影響はなく、カフェインに含まれる血管を収縮させる成分が頭痛を和らげてくれますし、気分転換にもなります。