妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

油断すると妊娠線ができやすい部分

赤ちゃんがおなかの中で成長して胎動を強く感じられるのはとてもうれしいことですが、体型が変化することによって妊娠線ができやすくなるので油断は禁物です。
妊娠してから出産までは体調管理やお肌のケアに色々とママさんは大忙しです。
体重管理を徹底しつつ、保湿クリームでお肌のケアも怠らないようにしましょう。

油断すると妊娠線ができてしまう部分

出産直前になると、おっぱいや太ももがこれまで以上に太ってきます。
太ると肌がつっぱって乾燥が進むので妊娠線ができやすくなります。

妊娠中の体重

また、妊娠すると太りやすくなって一度増えた体重がなかなか元に戻らないということがよくあります。
特に気になる部分は太ももやお尻です。
脂肪が付いてしまうと落としにくい部分ですし、セルライトが蓄積して凸凹になってしまうこともあると言います。

そして、季節的な影響も少なからず妊娠線に関わっています。
もともと妊娠中は乾燥肌へと体質が変わりやすいのですが、空気が乾燥する冬の季節は肌の乾燥がさらに加速して妊娠線を作ってしまう大きな原因になります。
衣類との摩擦が起こりやすい太ももやお尻などは、この乾燥する時期に合わせて妊娠線ができやすくなるとも言われています。

油断するとできてしまう妊娠線はどうやって予防したらいいの?

妊娠すると体質が変わって肌が乾燥しやすくなるので、妊娠線の数が多くなって跡も残りやすくなる傾向にあります。
ですから、一般的な保湿クリームでは十分なケアができないかもしれません。
妊娠線を作らないためには全身の保湿効果ができる専用クリームを使うのが良いと思います。

妊娠線専用クリームは高い保湿効果があるだけではなく、皮膚のダメージを回復させる葉酸やコラーゲン、ヒアルロン酸、その他ビタミンなどの美容成分を含んでいるところが特徴的です。
これらの美肌成分は細胞を活性化させるので、新陳代謝がアップしてダメージの回復を早めてくれます。
ですから、万が一妊娠線ができてしまったとしてもすぐに目立たなくできる可能性があります。

妊娠線のケア

しっかりとケアをしていてもどこにできるのか、いつできるか予測できないのが妊娠線です。
油断して妊娠線ができてしまったとしても焦らずに、妊娠線専用クリームを使ってダメージの回復に努めましょう。

妊娠線予防と正しい栄養摂取

妊娠してから生活スタイルや食事内容に変化がなくても体重コントロールが思うようにいかなくて、急激に体重が増えてしまったと悩む方が増えます。
体重の変化次第でどこにできるかわからないのが妊娠線なのです。

ですから、妊娠線を作らないようにするためには保湿クリームでしっかりとスキンケアをすることも重要ですが、体の内側から万全な対策をすることも必要です。

妊娠線の一番の予防策となるのは栄養を十分に補うことです。
特に効き目があるのはビタミンAです。

ビタミンAを多く含む食品は野菜類です。
特に、にんじんやモロヘイヤ、ほうれん草、春菊、大根の葉などは単品で一日の推奨摂取量を満たせる理想的な食材です。

妊娠線に効く食材

他には、レバーなどの肉類や魚介類、卵や乳製品などもおすすめです。
一回の食事でビタミンAの含有量が多い食品をバランス良く摂取することが妊娠線の予防に大いに役立ちます。

妊娠中は思いがけずに色々な部分に妊娠線ができてしまうことがあります。
妊娠線ができやすいと言われている部分のスキンケアを心がけながら、栄養摂取に気を付けて妊娠線ができにくい環境を整えましょう。