妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠線と体質、肌質の関係

妊娠線は、妊娠による肌状態の変化に伴い体重の増加やお腹の膨らみに合わせて皮膚が伸びて肉割れを起きたものなので、いたって自然な現象です。
それがクリームなどの肌ケアでの予防できる人がいたり、はたまた何も予防せずとも妊娠線ができない人もいます。
もちろん、どんなに予防しても妊娠線がたくさん出てしまう人もいて、これはもう体質の違いですね。

妊娠線ができる・できないの差は?

ニキビやシミ、シワも然り、人によって様々です。
同じように日光を浴びても日焼けして黒くなる人もいれば真っ赤になって終わる人もいます。
特に疑問に思いませんが、考えてみるとおかしなもので妊娠線も、どんなにお腹が膨らんでも全く肌に亀裂が入らない人と、妊娠初期の体重の増加の時点で既に妊娠線ができた人との差は体質、肌質の違いとしか言いようがありません。

その体質というのも境界線はハッキリしておらず、プルプルの水々しいお肌の人は妊娠線ができにくいとも限らないのです。
一番の差は、肌が土壇場に強いかどうか…でしょうか。

妊娠線の一番奥の皮下組織という場所は皮下脂肪、神経や血管があります。
この辺りから亀裂が入り、肌表面に向かって亀裂が広くなっています。
その結果、肌が破れるのではなく肌の奥の亀裂を皮膚表面が反映している状態です。

体質と肌質
この時点で、もしも元々肌が弛みにくくシワのない人なら、根源である皮下組織から亀裂は入らないし、もしも元々肌荒れしにくく毎日化粧のノリが良かった人なら強靭な真皮が団力を発揮して亀裂とは無縁だし、元々肌表面の水分がいつも安定していた人なら亀裂が入ったとしても妊娠線は最小限に抑えることができます。
これらを一つ一つみても、体質や肌質が違うだけで結果は大きく左右されるのも納得です。

妊娠線で厄介な事は、体質や肌質が妊娠によって変わることです。
ホルモンの影響で妊娠してから肌荒れがひどくなったり、シミができる人がいます。
そうなると、元々の強靭な肌質は嘘のように妊娠線ができやすい方へ変わってしまうから困ったものです。
しかしその場合は産後に肌質は戻り、妊娠線が目立たなくなるのもとても早いようです。

妊娠線はできてしまうと消えないとは言いますが、肌が健康なら活発なターンオーバーを遂げるうちに亀裂を狭め、滑らかな肌作りへと向かってくれるのです。
体質や肌質が大きく関係するとはいえ妊娠で変わることもあるのですから、できる限りの予防は誰にでも必要と言えます。
なにより、健康的な生活をすることで体内環境も肌質も影響を受けるのは明確なので身体を労わるのが一番ということかもしれません。