妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠と鼠蹊部の痛み

妊娠中、特にお腹が大きくなってくると鼠蹊部(脚の付け根)に痛みが走ることはよくあります。
理由は、出産に向けて骨盤が開く準備だけではなく子宮、赤ちゃん、胎盤、羊水の重みで圧迫される事やホルモンの影響で鼠蹊部の靭帯や筋肉が弱くなる事が挙げられます。

子宮を囲む靭帯と鼠蹊部の靭帯が繋がっていて、子宮の収縮により引っ張られることで痛みが走ることもあります。

妊娠と鼠蹊部の痛み
この痛みがひどい時には歩くのも困難になる人もいるくらいで、妊娠すると身体は流産しないようにと筋肉を丈夫に固くしたり、またその反対にホルモンの影響で弱くなるという、実に「一体どうなりたいんだ?」と突っ込みたくなるような変化が母体に降りかかるのです。

妊娠みよる鼠蹊部の痛みの原因

筋肉やホルモンのバランスが、良いサジ加減で変化を止めてくれれば越したことはないのに、いずれも過度に痛みや不快感を与えるのです。

鼠蹊部の痛みもその一つで、流産しないようにと下腹部を固くしてしまい便秘になったかと思えば、そのすぐ近くにある鼠蹊部の靭帯や筋肉は脆くなっていたりします。

そして、赤ちゃんが通るために骨盤が開きやすくしているのも原因の一つです。

鼠蹊部の痛みを緩和するには?

妊娠後期には何とかやり過ごして出産に臨むこともできますが、早い段階でその症状が強く出た場合には整体などで痛みを緩和させる手もあります。

鼠蹊部の痛みを緩和
もともと骨盤に歪みがある、または腰痛持ちだったという人に多く、産科医に許可を得てから施術を受けるということです。

整体は薬を服用するわけではないけれど骨や筋肉に直接響くものですから、やはり産科医に聞いてからの方が安心ですね。

この鼠蹊部の痛み、ホルモンの影響も大きいので出産してしまえば嘘のように引くことがほとんどですが、中には妊娠中に骨盤が変に歪むとか開くなどが原因で産後も改善されないどころか、悪化に気付かないで痛みを堪えたまま育児に突入することになるので侮れません。

妊娠中は身体の変化は当然であって、あまり敏感にならない方が良いとされていますが鼠蹊部は出産時には力を入れて凄まじいほどの重心がかかる場所です。

実際には陣痛の痛みに紛れて霞んでしましますが、万が一にも放っておいてはいけない鼠径ヘルニアなどの症状だったらそのまま出産となると大変ですから、どのように痛いか、このまま我慢しても良いのかをよく医師によく相談しておくのがベストです。

対策として、痛くなったらすぐ休むことが大切ですが、あまりに動かないでいると余計に靭帯や筋肉が弱くなって悪化を招く恐れもあるため、寝てばかりはよくありません。

少しでも改善した状態で出産に望めるようにカルシウム、タンパク質をしっかり摂取しておくのも良いですね。