妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

使用期限はあるの?

妊娠線の予防に使うクリームやオイルなどのスキンケア化粧品にも使用期限があるということをみなさんは知っていますか?

いつ購入したのか忘れてしまった何年も前の製品や、前回の妊娠中に使っていた製品の余ったものを使うようなことをして肌トラブルが起こったケースが何例もあります。
美肌を維持するために使う妊娠線クリームですから、きちんと使用期限についての理解を深めておきましょう。

開封しなければずっと使えるの?

妊娠線の予防に使うクリームやオイルなどのスキンケア化粧品に限らず、日本国内で販売されているスキンケア化粧品全般の開封前の使用期限は、一般的に製造日から3年以内と言われています。

妊娠線予防クリームの使用期限

ただし、みなさんの使っている化粧品を見てもおわかりの通り、ほとんどの製品には製造日の記載がありませんよね。
「医薬品医療機器等法」という化粧品に関する法律では、3年以上品質を保てる商品については製造月日をわざわざ記載する必要がないとしているので、多くの化粧品メーカーでは使用期限を記載していないのです。

そうなると、『製造されてから3年なんていつまでなのかわからないじゃない!』と不安になってしまいますよね。
でも、ほとんどのスキンケア化粧品は製造されてからすぐに出荷して販売されていますので、開封していない状態であればある程度の期間は保存ができます。

正しい使用期限

ですから、商品を購入してからおおよそ3年以内を目安に使い切るようにすれば特に問題はないと思います。
安全に使用するためにも開封しなければずっと永久的に使用できるということでないということを考慮して、妊娠線予防化粧品にも一応は使用期限があることを覚えておきましょう。

開封後はどのくらいの期間使えるの?

化粧品の配合成分にもよりますが、開封後は保存状態が良ければ3ヶ月~6ヶ月は安全に使用することができます。

妊娠線クリームの保存方法

ただし、妊娠線予防専用のデリケートな化粧品は、空気に触れたり、高温多湿の場所に置いておいたりすると特に品質が低下しやすくなります。
例えば、フタをきちんと閉めないと雑菌が繁殖しやすくなりますし、窓際に置きっぱなしにしておくと品質の劣化が進みます。

間違った保存状態で使っていると肌トラブルを引き起こす原因となってしまいますので、くれぐれも正しく保存しながら使うように気を付けましょう。
妊娠線予防化粧品は一定の温度と清潔を保つことを心がけると、長い期間安全に使うことができます。

万が一正しくない方法で保存していて、クリームの変色やテクスチャーの違和感に気が付いたら、すぐに使用をやめて新しい製品に取り替えるようにしてください。