妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠線クリームの主成分は?

妊娠線クリームは、普通のボディ用化粧品を低刺激にしながら保湿剤成分が多く配合された物というと間違いありません。
そこへ普通の化粧品と同様に流行りの成分も入っていたりします。

メインとなるのは保湿成分

だいたいは妊娠線クリームの主成分というとグリセリン、水、油分、保湿成分ですが水とグリセリンが主体となり、そこへ有効成分を入れるといった具合で作られます。
クリームの主成分
ではまず油分。
スクワランオイル、ホホバオイル、ツバキオイルなど肌を柔らかくして保湿性を高める油で、一般の化粧品にも使用されるオイルです。
最近ではマカダミアオイルも出てきました。

そして保湿だけてなく、商品によってはとても良い香りのする物がありますが、大抵の場合は天然の植物から抽出したオイルの香りです。
柑橘系のオイルを使用している妊娠線クリームもありますね。

しかし、保湿効果と言ってもオイルそのものには水分を含まないのでクリームの中の保湿成分の水分を閉じ込める役割と、角質層を柔らかくして肌に柔軟性を与えて妊娠線が出にくくさせる役割を持ちます。
保湿成分は水分を補う物と肌にハリを与えるものがあり、どちらも欠かせない成分です。

美容成分もたっぷり入っていて保湿成分をしっかりサポート

話題のシラノール誘導体なるものまで配合されたクリームもありますが、これは組織成分のコラーゲンを作り出しては何層も繋げるといった代物。
妊娠線予防には肌表面の角質層をはじめコラーゲンのある真皮と、その下の皮下組織も関わってきます。
どのケアも欠かせない中、コラーゲンのある真皮は大きな影響を与えます。
さらにこの成分はヒアルロン酸の2倍もの保水力を持つので優れた予防効果を発揮しそうです。

オーソドックスな成分ではビタミン、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸、プラセンタエキス、アロエなど廃ることのなく、常にどの化粧品にも配合されている成分で、実に様々です。

ビタミンに関してはビタミンを含む成分はもちろんのこと、ビタミン誘導体もあります。
真皮にまで成分を浸透させるため、妊娠線予防には非常に心強いですね。
例えば、コラーゲンはビタミンと一緒でなければ吸収することができないのでコラーゲン配合とデカデカと称された商品には必ずビタミンも配合されています。

このように、どのクリームも保湿成分と、その成分が行き届くように開発されているのです。
それら保湿効果のある水分を閉じ込めるのにオイルも含まれて、クリームとなります。