妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

正中線とは?

お腹が出始めた頃から、ほぼみぞおち部分からヘソを通過して下腹部辺りまで出る線を正中線といいます。
これは妊娠中に限らず誰にでも正中線の素となるものはあり、妊娠中のホルモンのバランスや膨らみと共に濃く出てくるのです。

無駄な肉があまり無い、鍛えたほっそりしたお腹にもあるし割れたアゴや薄っすらと見えるおでこの真ん中の線と同類であり、意外と深く体に刻まれているものです。
妊娠中には、膨らみと共に出るケースが多いのですがホルモンバランスも関係しているので初期から濃く出る人もいます。
妊娠線のように傷跡のような構造ではないので産後はだんだんと消えていきますが、気まぐれなホルモンに左右されてできるだけに、妊娠中お腹が全体的に痒くなったり乾燥していたという人は少し戻りにくいようです。

正中線の特徴

正中線は人体の折り目のような物でありますが、それは単なるシワとも違い表皮も真皮も皮下組織も少し他の箇所とは違います。
アゴやおでこなら骨も少し窪んでいますがお腹の場合は皮膚のみとなり、メラニンという黒い色素が多くなっていて薄っすらと見える程度です。
しかし、お腹の正中線の周りをよく見ると毛穴から出る毛は正中線へ向かって生えています。
正中線

または、正中線を逸れるように毛が生えていないなど明らかに他の箇所と違います。
そして妊娠中とは別に極度の肥満体になった時に正中線部分は窪んだ形で脂肪が付くこともあります。
このように普段からチラホラと見え隠れしている線なので、特に妊娠中には存在感を発揮してしまうのです。

妊娠線と正中線のちがい

『妊娠線』というのも皮膚に亀裂が生じてしまった物を言いますが、妊娠線の定義は妊娠中に出た線であり、正中線をも妊娠線と呼ぶ人もいます。
日頃あまり日の目を見ない正中線部分の皮膚が胎児の成長と共に出るお腹の皮膚の伸びによって表へ押し出され、肌を守るために角質層を硬く厚くしてメラニン色素を多く出すので余計に目立っしまうのです。

大抵その場合、出産してお腹が萎むと同時に正中線も薄くなり、ほとんど見えないくらいに消えますが、妊娠中の皮膚状態によっては黒ずんだまましばらく消えないこともあります。
しかし、妊娠線のように肌深部からの亀裂とは大きく異なるので保湿を心がけてケアすると元の色に落ち着いてきます。
保湿による角質層の軟化とメラニン排出が正常に機能するからです。

中には、ゴシゴシ洗ったりスクラブを使って落とそうとする人もいますが、肌が刺激を感じて一層メラニンを増殖させてしまうので逆効果です。
肌を安心させる事が第一です。