妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

オイルも欠かせない成分

妊娠線予防には、オイルも欠かせない成分です。
クリームやジェルを塗ってケアした肌は、水分は蒸発してしまいます。
その化粧品で補った水分を閉じ込めるのがオイルの大きな役目なのです。
よって、オイルそのものは水分を含まず、何も付けていない肌にオイルだけを使ったとして、グンと肌水分が上がるということもありません。

しかし妊娠線予防化粧品の中にはオイルもあります。
オイルのみで妊娠線を予防というには少しむずかしそうですが、上手く使うことで妊娠線を予防できるので、少量のものを一品持っていても損はなさそうです。

妊娠線予防オイルのメリット

オイルの良いところは、角質層を柔らかくして肌表面の予防に優れた効果を発揮するところですね。
妊娠線は肌の奥深くからできますが、肌の内側、外側のどちらか一方が原因で亀裂が入ることもあります。

妊娠中、胎児の成長に合わせて大きく膨らむお腹の皮膚は伸びに伸び、ただ毎日着けている下着や服が触れているだけでも刺激となって妊娠線、黒ずみを発症することも。
そうした刺激からお肌を保護しながら水分の蒸発を防ぐのです。 

妊娠線予防オイルの成分の特徴

妊娠線予防オイルの主成分はというと、オリーブオイル、ホホバオイル、スクワランオイルなどメジャーな成分はもちろん、特に植物由来のものが多いようで最近よく耳にするマカダミアオイル、アーモンドオイルを含む商品もあります。
妊娠予防オイル
ナッツはビタミン豊富なことでも知られ、ナッツのオイル商品はヘアケア製品としても流通していて今後益々知名度が上がる成分かと思います。

ホホバやスクワラン、オリーブなどに関しては化粧品によく入っているし知名度が一人歩きしているのかあまり効能は知られていませんが実はどれも肌に近い成分で、とても馴染みやすいのです。

天然といえば聞こえは良いですが、天然であれば肌に良いというわけでも無く、どんなオイルかが重要なのです。
これらをもとに主に肌に馴染みやすく栄養を与える成分を豊富に含むよう抽出して製造しているので単に角質層の軟化や水分保持だけではありません。

オイルそのものにも栄養素は含まれているし、オイルに溶けやすい酢酸トコフェロールやパルミチン酸レチノールといった美容成分も含まれています。
これらは合成ビタミンA、Eで、肌の酸化や老化を予防する成分で、オイル化粧品に配合することで肌に馴染みやすい仕組みになっています。