妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠糖尿病とその症状や影響

糖尿病とは糖代謝の異常で、ブドウ糖が細胞に入りエネルギーに変わるという、人体にとってなくてはならない作用が低下する病気です。

症状はブドウ糖の血糖値上昇なのですが、怖いのが血糖値が上がることで合併症を引き起こす事で、身体に出る症状は倦怠感や目のかすみ、多尿などです。
この位では、あまり自分が病気であると自覚しにくいところですね。

そしてこの糖尿病、妊娠糖尿病という妊娠によるホルモンバランスの変化がきっかけで起こるといわれていますが、近年では妊娠糖尿病は増えているようです。

放っておくと怖い妊娠糖尿病

昔のように、妊婦は赤ちゃんの分まで食べて…という時代は終わったものの、このような病気が増えるということはやはり飽食で高カロリーは食事を摂る機会が増えたのも大きな要因かもしれません。

糖尿病は治らない病気であり主治医は自分自身というように、長く上手く付き合わなければならないのですが、妊娠糖尿病は出産後には血糖値が正常に戻ることが特徴です。

その理由が、糖尿病はたいていの場合は食べ物や生活習慣が原因なのに対し、妊娠糖尿病は胎盤からインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されたり、母体は体内で酸素を多く作り出すことでインスリンが活動しにくくなり、血糖値が上昇して妊娠糖尿病になるという仕組みですから、一般的には産後は正常に戻るということです。

妊娠糖尿病

どうあれ、糖尿病は糖尿病ですから放っておいてはいけません。
まず一番心配なのが赤ちゃんへの影響です。

妊娠糖尿病も重症になれば流産や奇形、心臓疾患、糖尿病なだけに栄養過多で巨大児になり早産となってしまったり、胎児死亡の危険も大いにあることです。

母体にはに高血圧症、羊水過多、早期胎盤剥離という怖い影響があり、出産時は帝王切開の確立も高まります。

妊娠糖尿病の対処方法

それほど重症じゃないとしても、悪化させないために食事制限や運動が必要となりますが改善がみられず血糖値が上昇し続けるようなら内服薬、インスリン注射で対処するそうです。
妊娠糖尿病の対処方法

妊娠糖尿病は赤ちゃんのための体の変化ゆえですから、せめて薬の服用やインスリン注射は避けたいのは誰しも思うところではないでしょうか。

産後も血糖値が下がらず、そのまま糖尿病に突入するケースも少なくありませんから、できる限りの努力をして安心して出産に臨みたいものです。

初めて妊娠糖尿病と診断されたら、先ずは甘い物は控えてご飯などの主食もセーブしなくてはなりません。
空腹によるイライラ対策に、一日分の摂取カロリーを6~7回に分けて摂るのも良いですね。

妊娠中のダイエットは良くないので、上手に食べる物を改善してコントロールすることが大切です。
こまめに身体を動かして、規則正しい生活を送り、悪化を防ぎましょう。