妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠と浮腫 むくみ

妊娠12週あたりから母体はたくさん血液を作り出します。
よく、妊娠して間もなくすると周囲と人から「顔付きが変わった。少しふっくらした」など言われ始めますが、だいたいこのあたりではないでしょうか。

妊娠中のむくみのメカニズム

体内では血液そのものを増やすというよりも、血奬という90%が水分の液体を多く作り、その結果、お顔も浮腫んでふっくらした印象を与えるのです。

妊娠中、多くの人が浮腫を経験するようで、赤ちゃんや出産時に備えて血液を多く作るためとはいえ例に漏れず浮腫という副作用も付きます。

妊娠と浮腫
血液をサラサラにし、血管を通りやすくするためには血液中で血奬という液体が大量に分泌されるのですが、この血奬のおかげで赤ちゃんに栄養が届きやすくなるという事です。

しかし、ちょうど良い塩梅で増えるとも限らず顔や手足はパンパンに浮腫み、妊娠後期になると脚に血管が浮き出るほどの浮腫が起こるケースもあります。

妊娠中のむくみの症状と予防

お腹が大きくなるに連れ、下腹部の静脈を圧迫します。
すると、もともと浮腫んでいた脚の血管に圧力がかかり、血管の浮き出た静脈瘤という状態になるのです。

お腹が大きくなれば足を高くして寝るのも難しくなるので、早めの対処が必要ですね。

また、血液増加するための浮腫みに体重の増加も加われば、陰部や膣にも静脈瘤ができることもあります。
そして、陰部や膣は粘膜なので破れやすく、出産時に出血する事もあるようです。

妊娠による浮腫は、妊娠高血圧症にかかれば脚がはち切れんばかりに浮腫んでしまいますが、そうでなければ大抵は「仕方ない」とされるようで、足を高くして寝る、浮腫み防止の靴下を着用する、塩分を控えたり運動して汗をかくなどして対策する位しか手立てはないとのことです。

塩分を控えるのと同時にカリウム、ビタミンE、クエン酸を含んだ食品を摂るのも良いでしょう。

浮腫もまた例に漏れず産後は血奬も正常に戻り、浮腫もスッキリ治まるそうです。
しかし、実際には妊娠による浮腫は絶対に血液を多く作り出すたのめ血奬の増加だけなのかというとそうでもなく、やはり妊娠してお腹が空いてついつい食べ過ぎてしまうのも要因の一つです。

妊娠中のむくみ予防
普段なら浮腫むほどの塩分ではないとしても、妊娠で体内がガラリと変わり塩分排出もままならない状態なのです。

例えばご飯を大盛りで食べるにしても、ご飯のお供は必要になるし、「パスタを食べる」といってもパスタだけでなく味は付き物ですね。

浮腫がひどくなる前に塩分を減らしていくしかありませんし、外食が入れば次の食事はより一層気を使うなどしなければなりません。