妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠中、空腹が気持ち悪いという症状

妊娠してから太ったという話はよく有り、その理由も様々です。

妊娠中に特有の症状「食べつわり」とは

妊娠中ずっとお腹が空いて食べ過ぎていた例もありますが、食べたいという欲求とは少し違って空腹になると気持ち悪くなる、所謂『食べつわり』も多い例です。

これは実際に空腹感が気持ち悪いのもあれば、何かを食べていないと気持ち悪くなるもの、または「◯◯がどうしても食べたい」という食べることへの拘りをもったものと同じで、このつわりを長く経験した妊婦さんは産後うまい具合に母乳を出して消費しない限り体重が戻りにくくなるというはめになることもあります。

妊娠中、空腹が気持ち悪い
体重の増加だけならまだしも、難産や妊娠高血圧症を引き起こす可能性もあります。

食べつわりはもちろん、初期に起こる短い期間のつわりさえ医学的にハッキリと解明されていないのですが、妊娠中なだけにホルモンの影響ということは分かっています。

妊娠して急激なホルモンの変化で身体は血糖値を上げようと食べ物を欲します。
これが食べつわりの原因の一つとされています。

空腹感があってもカロリー摂取はほどほどに

妊娠した故なのですが、厄介なのは欲した分が実際に母体と胎児に必要な熱量なのか?といえばそうとは限らず、むしろ余計なカロリーを摂取することがほとんどです。

疾患による特定の栄養素の欠乏や、相当食べ物に困る生活をしていない限り栄養は足りているのです。
空腹感が気持ち悪さに繋がることや、食べていないと気持ち悪くなるのはホルモンの影響であり、「もっと栄養が欲しい」と赤ちゃんが言っているのではないのです。

古来より質素な食生活を送った日本人にとっては充分すぎるカロリーを摂取しているのが現状であり、そこへ食べつわりに任せて食べていればどんどん妊娠高血圧症や難産のリスクを高めるのです。

どういうわけか、丼物やピザ、高カロリーなお菓子などガツンとくる物を食べたいと思ってしまうんですよね。
ですが、つわりに苦しまないよう少しでも快適にマタニティライフを過ごしたいものですね。

空腹感が気持ち悪い
ここは「間食は控える」などの概念から外れ、低カロリーで腹持ちの良いものを少しずつ食べる事で工夫してみましょう。
または一回の食事を数回に分けるとか、シュガーレスのガムや飴も口の中がスッキリして気持ち悪さも紛れるのでお勧めです。

体重が大きく増加してしまい、できるだけ食べる量を控えたいとなったら歯磨きやうがいも気分転換になり、なかなか有効です。
そして、妊婦さんは虫歯になりやすいので数回に分けて食事をしても、口の中の清潔を保ちましょう。