妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

マタニティブルーの原因

マタニティブルーは娠前後に起こるホルモンバランスの変化によって生じる軽度のうつ症状のことです。
妊娠を経験した2人に1人の割合で起こり得ると言われていて、妊婦さんなら誰でもなる可能性があります。

マタニティブルーの原因と症状

マタニティブルーの症状は、主に精神的に不安定になることが多いものです。
出産前後は一時的にホルモンが大きく変動するので、ささいなことでもイライラしたり、常に不安な気持ちになったりといった症状が一定期間続きます。

マタニティブルー

妊娠初期に起こるつわりをきっかけに、出産するまでの体調の変化への不安を感じてマタニティブルーの状態になる方は比較的多いと言われています。
妊娠する前には感じたことのない体の不調が起こると不安になってしまうのも無理はありませんよね。

また、もともと性格が几帳面で神経質の方の場合、自分の体調が上手くコントロールできない不安と、これから親として子どもを育てていくことへの不安が相まって、精神的に追い込まれてしまうことが原因でマタニティブルーになってしまうケースもあります。
性格的なことなので難しい問題ではありますが、子育てはなんとかなるものだという認識を持つことで少しは心が軽くなるかもしれませんね。
周囲への協力を求めることも一つの解決法となります。

そして、意外にも対人関係によっても左右されるものなのです。
例えば、自分は体調不良や不安な気持ちを抱えているのにも関わらず、パパは無関心で気持ちを理解してくれないことが原因で、イライラしたり落ち込んだりすることがあります。

マタニティブルーの原因

気分の浮き沈みが激しくてとても繊細な時期ですので、パパのサポートも重要ということがよくわかります。

このように、マタニティブルーの原因は一つではなく、いくつもの要因が重なって妊娠中特有の精神的な気持ちの変化が起こりやすいものなのです。

マタニティブルーを放っておくと産後うつの可能性も・・・

マタニティブルーは出産前から起こるものですが、ひどい症状を放っておくと産後うつになってしまう危険性があります。

出産を境に女性ホルモンの分泌が急激に低下してホルモンの状態が変わるので自律神経が乱れやすくなります。
そうなると、出産後は特に神経系や感情の変化が激しくなり、情緒不安定・不眠・食欲不振といったうつ状態がひどくなりやすいのです。

産後うつ

そして、分娩で体力を消耗している上にすぐに慣れない育児が始まるので、心身共に疲れ果ててしまうママさんも少なくありません。
それでも、疲労と不安感を抱えたままで育児に対して一人で頑張ろうとするので、気が付いた時にはすでに産後うつになっていることもあります。

出産前からマタニティブルーで悩んでいた方は特に、出産後のうつ症状に気づいた時に早めの対応が必要です。
出産後おおよそ2週間くらい気分の落ち込みが続くようであれば産後うつの症状が疑われますので、まずは家族に相談して、ひどくならないうちに心療内科などの心の専門家への受診をおすすめします。