妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠中、口の中が気持ち悪い…?

ただでさえ妊娠中はつわりでウッと込み上げるものがあるのに、実際に口の中にも変化をもたらします。
よく、妊婦さんは虫歯にならないように気をつけましょうと言われますが、それも妊娠してから口の中が気持ち悪いと感じる事と大きく関係しています。
特につわりがある時期に多いようです。

妊娠中の口の中の違和感の原因

妊娠中は事あるごとにホルモンホルモンといいます。
口の中の気持ち悪さもホルモンの影響なのです。
妊娠するとエストロゲンが分泌されるのですが、このエストロゲンの作用の一つにある血流を良くするものが口の中にも影響を与えます。
エストロゲンの分泌により血流を良くする事は、胎児に栄養を運びやすくするため。

しかし胎児へと繋がる器官だけに作用するのではなく微妙に関係があるのかないのか分からない働きもします。
その一つが血管の拡がりによる歯茎の出血。
出血までいかないにしろ、拡がった歯茎の血管は赤血球などの成分も歯茎へと運び、虫歯や歯周病になりやすくしてしまうのです。
それは歯茎の内側だけに起こるのではなく口の中の違和感にも繋がります。

妊娠中は歯周病になりやすい

妊娠してから口の中が気持ち悪い、ザラザラしているような苦いような…などなど、実に心地悪そうな感覚が走ります。
しかも割と長い間その状態だという妊婦さんも少なくありません。
歯周病になると、よく口の中がネバネバすると言いますね。
それは歯周病菌の成分です。
妊娠中口の中
しかも、歯周病菌の中にはエストロゲンを好む菌もいて口の中で増殖する事もあるようです。
どんなに妊娠する前には歯にお金をかけて健康にも見た目にも気を付けていたのに妊娠中のつわりのさなかに虫歯ができてしまったというケースはとても多いのです。

つわりの時には食べ物を工夫することで乗り切る

歯周病菌関連の他にも、妊娠中の唾液過多というものもあります。
症状も結構辛いもので、「うえっ」とえづいた時、口の中がジワ~っと唾液が分泌されますね。
まさにその状態が続くのです。
大抵この場合、つわりの時期は特にひどく常に口の中を空っぽにしないよう飴を舐めるなどして乗り切るのがベストなようです。

唾液過多だけにとどまらずつわりの苦しさとホルモンの作用で口の中が苦く感じたり、常に変な味がするといった実にもどかしく、真綿で首を絞めるような辛く厳しい状況です。
つわりが治まれば止むこともありますが、これも個人差があり単衣に症状の緩和はいつとは言えません。

ですが、妊娠中の唾液過多はビタミンB6の不足で引き起こすこともあるので食事で改善されることもあります。
ビタミンB6は様々な食品に含まれていて、バランス良く食生活を送っていれば必要な量を摂取でき、レバー、ナッツ類、海藻類といった身近な食品です。
しかしそれがつわりで食べられる物が偏り、不調に繋がることもあるのです。