妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊婦中、風邪薬は飲んでも良いか?

これだけ情報に溢れた現代で、妊娠しているのにも拘らず市販の風邪薬、または妊娠していると告げずに処方された風邪薬を飲む人はいないでしょう。
これは情報が手軽に入る前から、ほぼ常識として通っていたのではないでしょうか。

では、実際に妊婦さんが風邪薬を服用云々の話はなぜ絶え間なく語られるのか?というと、やはり妊娠に気付く前に風邪薬を服用した例に対して…でしょうね。

妊娠中に風邪薬を飲んでしまった時の体への影響

特に妊娠してすぐというのは体調もガラリと変わり、風邪かな?と思うのも無理はないことです。
気付かなかったとはいえ、飲んでしまったのなら心配は胎児への影響かと思います。
妊婦中に風邪薬

誰しも頭をよぎるのは、薬の影響で赤ちゃんに奇形が見られたら?という心配でしょう。
うっかり飲んでしまったという例はだいたい妊娠初期の人ですが、赤ちゃんの体は妊娠初期に形成されるので、どうしたって心配ですね。

しかし、現在は薬も進化しているし、頭をよぎる薬の影響で奇形というのも特殊な病気の際に服用する薬であり風邪薬はそれほど強い成分ではありません。

妊娠と薬という非常にデリケートな問題に直面してしまい、不安にかられたとしても、先ずは「大丈夫」と唱えましょう。
風邪薬が与える影響は、ほぼ心配ないのです。

妊娠中の風邪薬服用の問題点

不安材料の根拠として言われているのが、風邪薬に含まれる抗ヒスタミン、鎮咳薬は胎児に影響を与えるというものこれも容量を超えた量を服用した場合だそうです。

妊婦中の風邪薬服用
また、鎮痛剤のバファリン、ロキソニン、イブプロフェンは後期の32週以降に胎児の心臓、血管に影響を与えるということです。
体の形成が落ち着いた16週以降でも風邪薬には注意が必要ということです。

しかし、どれも大量に服用した場合なので、総合的に判断すれば風邪薬は胎児に影響はあまり無いと言っても過言ではないようですが、飲まないに限るといったところなのです。

万が一にも赤ちゃんの健康面で障害があったとしたら、真っ先に「あの薬のせい?」と落ち度を探してしまうのです。
きっと、風邪薬を服用していなくても、赤ちゃんが元気に生まれる日まで心配や不安は尽きないのが母性というものなのでしょう。

妊娠したら風邪薬は飲んで良いか?となると「飲んではならない」で、「影響はあるか?」というと「影響はほぼ無い」といったところです。

もちろん風邪薬だけでなく、妊娠したらむやみに薬を服用するのはご法度であり、薬を飲むのは母体であっても同じ血を分けて生きている赤ちゃんは無関係ということはまずありません。
薬を服用したいほどの症状があるなら産科医に相談するのが鉄則です。