妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

下腹部(下っ腹)は濃い線が出やすい!

妊娠線というだけに、胎児の成長と共に膨らむお腹は最も妊娠線が出る場所です。
特に下腹部は要注意ですね。

肌質、お腹の膨らみ方や形にもよりますが、どうしても重力でいえば下腹部の方が負担は大きいものですし、何より脂肪が厚いところ。妊娠線は簡単にできてしまいます。

脂肪が付いたお腹は、一見柔らかそうで触ってみても弾力もありますが皮膚状態としては脂肪に押されてコラーゲンやエラスチンが崩れ皮膚表面の温度が冷たく、そのまま膨らめば亀裂は入りやすいのです。

さらに下腹部は太い血管も多くあり、深く濃い妊娠線は、出産してからもしばらく赤みを帯びたままになることもあるので予防は徹底したいところです。

下腹部の妊娠線予防は早い方が良い!

妊娠線予防はお腹が膨らみかけてから始める人が多いのですが、下腹部は元々脂肪が厚く、膨らみが目立たなくても実はキャパを超えている事もあります。

皮膚表面や肌触りでは特に問題ないようでも真皮や皮膚組織では、もう皮膚の伸びが追い付かない事態になっているケースはよくあるのです。

または、妊娠してすぐにお腹を守るために脂肪が付き、それと同時にホルモンの影響で肌が乾燥して初期にもかかわらず一気に妊娠線ができるケースも。

いずれも下腹部が多いですね。どんなに赤ちゃんが楽しみでも、早くに妊娠線ができるとショックなものです。

よく、赤ちゃんが男の子だったら膨らみは上の方でみぞおち部分からお腹が膨らむと言い、女の子だったらお腹は下がった状態で膨らむと言いますが、実際は母体の骨格にも関係していて性別はさほど関係が無いようです。しかし、妊娠線となればお腹の膨らみ方が大きく影響を与えます。

一番危ないのが後期、下腹部は自分の目で確かめる事が出来ない場合も

後期にさしかかり、まだ妊娠線の出ていない事にホッとしていても出産直前にお腹が下がって妊娠線が出るなど、下腹部の妊娠線は想定外なドッキリ要素満載。
下腹部の妊娠線
初期から体重の管理と予防が必要です。
重いお腹を支えるために筋肉は充分がんばっているので、あとは保湿と生活改善で肌の内側から健康的な肌づくりです。

保湿はいくらしても良いのですが、塗る時には刺激を与えてはいけません。

妊娠線クリームの使用方法には、マッサージするように…と書いてあってもクリームでワンクッション置き、撫でる程度にとどめましょう。

妊娠中はホルモンが乱れやすく肌の状態も安定しないことも多いので、内側から肌を労わり、糖分と脂肪分に気を付けながらビタミンとコラーゲンを豊富に含む食品を摂ると良いでしょう。

そして規則正しい生活習慣を送れば妊娠線の出やすい下腹部の皮膚も、奥から健康になり血流が活発になりコラーゲンを増やして予防へと繋がります。