妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠中の胃痛の原因

妊娠してから、つわりなのか胃痛なのか定かではない不快感に見舞われる人もいます。
吐き気や食欲不振となればつわりで済むのですが、どさくさ紛れに胃痛も?となると本当に辛いですね。

妊娠中の胃痛の原因

つわりはもちろん、胃痛も妊娠中のホルモンの働きが関係しています。
プロゲステロンという黄体ホルモンで、これは女性ホルモンのひとつであり妊娠するためと、妊娠中に必要な働きをしてくれるホルモンなのです。

しかし、例に漏れずこのホルモンも母体に様々な影響を与えます。
特に胃痛を訴える妊婦さんの多くは妊娠初期で、プロゲステロンは妊娠初期に多く分泌されるのですが、この時に胃腸の働きが弱まるためだと考えられます。

妊娠中の胃痛
プロゲステロンの作用に胃腸の働きを弱めるものがあるというよりも、育つ胎児のために子宮を柔らかく拡げるために筋肉の弁を弛めて胃酸が逆流してしまうのも大きいようです。
そこで、もともと胃が弱い人は胃痛を感じずにはいられないのです。
胃そのものが弱まるというよりも、胃周辺への作用が強いためでしょう。

ただでさえ妊娠初期はつわりでえづくなどして胃が頻繁に搾られた状態ですからキリキリ痛みやすくなっているのです。

この症状はつわりが治まるとひと段落することもありますが、プロゲステロンは妊娠中であれば常時普通の時に比べて多く分泌されるので、様々な作用が胃痛へと繋げる可能性があるので、いつ治まるとは一概には言えないのが事実でしょうか。

日本人の多くは胃腸が弱く、ことあるごとに胃痛につながります。
例えば、妊娠中特有の不安定な気持ちもその一つと言えます。
これもプロゲステロンの作用でもあります。

どうしても我慢できない胃痛はどうしたらいいの?

また、妊娠中期と後期では大きくなったお腹が胃を押し上げて、つわりとはまた別のムカつきにおそわれます。
この時も、ムカつきと共に胃痛を訴える妊婦さんは多く、なんとか食べ物を工夫するなどして気分転換で不快感を凌ぐケースはよく聞きますね。

あまりにも胃痛がひどい時には薬を処方されるのですが、どう妊娠中でも安全とはいえできる限り薬の服用は避けたいと思うのが自然といったところでしょうか。
そうなれば、直接胃に入る物に気を配るのが一番ですね。

水分を多く摂取して、胃の粘膜を整える作用のあるビタミンU、乳製品、ネバネバ食材など。
アロエも胃腸の調子を整えるといいますが、子宮収縮作用をもつので妊娠中は避けましょう。
食事もよく噛み、油っぽいものは避け胃への負担を和らげてください。

ただ、あまり胃痛を我慢するのもストレスになるし、食べられなくなるなどして栄養面で問題が出るかもしれないので酷い時には薬の服用もやむを得ません。