妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠線ケアはいつから?

妊娠線ケアは、お腹が目立つ前からするのがベストとされていますが妊娠線自体に個人差があるので予防クリームを開始するのはいつでも構いません。
妊娠したその時から味覚やつわり、倦怠感などの体調の変化があり、皮膚にも変化が表れることもあるのです。

妊娠中のデリケートな肌は保湿ケアがおすすめ

妊娠中に肌が敏感になる人が多いのですが、敏感になるということは今後膨らんでいくお腹に対しては特に細心の注意をはらわなくてはならないというものです。
張った皮膚は乾燥を招き、本来もう少し伸びるはずの表皮も乾燥していては広範囲にわたり妊娠線がバリッと太く長く出てしまう確率が高くなります。
それを防ぐには、やはり保湿化粧品が強い味方となります。
ケアはいつから
まだまだ目立たないし皮膚も張っていないとしても、角質層に水分を吸収させていれば数ヶ月先に膨らんで張っても伸びるキャパは増えているはずですし、妊娠線だけでなく黒ずみ予防にも繋がります。

妊娠線クリームでもジェルでも、たっぷり塗れば効果はあるのですが目立つ前のお腹や、体重が増える前のヒップや太ももに関しては例外とみて良いでしょう。

お風呂上りや寝る前だけでじゅうぶん良いケアになります。
体重に変化、お腹の出方に合わせて妊娠線クリームの量を増やしていきましょう。
ただ、妊娠した途端に凄く乾燥が気になるほど肌質が変わったという場合は最初からたっぷり塗った方が確実です。

妊娠線クリームで早めのケアがおすすめ

妊娠中はホルモンバランスが乱れてシミやシワ、ニキビができやすくなる人も多いですし、何よりつわりが影響して肌荒れを引き起こすことも。
つわりであまり食べられなくても妊娠中特有の体脂肪の増加がくれば、荒れ気味の肌はすぐに肉割れ(妊娠線)を引き起こしてしまいます。

肌を作る栄養を取れていれば少しくらいの体重の増加にも肌は対応できるところを、つわりで栄養が不足してしまえば肌表面から水分や栄養を補給するしかないのです。
また、膨らむお腹はもちろん倦怠感から運動不足になり、太ももやヒップも妊娠線予防は早めが良いでしょう。

運動不足だけでなく、妊娠中は浮腫みも妊娠線の原因となります。
妊娠線クリームを(ジェルなどでも)マッサージするように塗ることで浮腫みも解せるし、乾燥を防げるし一日に一回のお風呂上がりだけでも習慣付けると妊娠後期のケアも楽になります。

妊娠線は思ったよりもずっと深い所で皮膚が限界まで耐えて出来ているものですから、ケアはいつしても良いし、早過ぎというものはありません。
ただ、肌が常にジットリするほどクリームを塗るのはふやけて荒れる原因になるので使い過ぎには少し注意しましょう。