妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

これ以上増やさないための対処法

いよいよ出産という時に妊娠線ができはじめたとしたら、まだ増えるとしてもゴールは近いし、それほど心配も要らないような、半ば諦めがつくような気もしますが妊娠初期や中期から妊娠線ができればそうはいきません。
とにかく増やさないために「今よりもっと」というケアが必要となります。

妊娠線を増やさないために

たとえ妊娠線が初期から出たからといって出産まで増え続けるわけではなく、その時の脂肪のつき方や皮膚の状態にもより増えるとは限りませんし、妊娠初期で妊娠線が出たからと言っても「妊娠線ができる体質」とも言い切れません。
というのも、妊娠線の構造は皮膚の奥から亀裂の入った肉割れなのですが、その時の状況に左右されます。

妊娠線を増やさない
体質も大きく関係しますが、一番影響を与えるのはその時その時の肌状態です。
出産間近のパンパンに張り詰めたお腹の皮膚ならともかく、まだ大きく膨らんでいないお腹やバスト、ヒップ、太もも、二の腕などに妊娠線ができてしまったら、これ以上増やさないように頑張れば肌は応えてくれるでしょう。

例えば二の腕は明らかに体重の増加が大きな原因です。
妊娠するとホルモンの影響で太る事は珍しくありません。
しかし、二の腕といった上半身部分に妊娠線ができるほどの体重の増加は出産にも響きます。
食事の改善や運動が今後の妊娠線の出方に表れてくれるはずなので、先ずは無理のない範囲で体重の管理が必要です。

妊娠中は気分が悪くなったりで運動するにも一苦労かと思いますが、腕をゆっくり回す運動だけでも筋肉が刺激されて脂肪を燃焼して皮膚の温度も上がり、妊娠線をできにくくしてくれます。

部分別で気を付ける妊娠線の予防方法

ヒップや太ももといった下半身も同じく、脂肪の多い箇所なので運動や体重の管理が必要です。
下半身は浮腫みやすいので、ひとつ妊娠線ができるとどんどん増えてしまいます。
妊娠線クリームの塗布と一緒にマッサージをしてコリを解すのも増加の予防になります。

バストは体重というよりも、保湿と下着による支えが一番良い方法ではないでしょうか。
お腹同様もとのサイズより大きく変化するし、それを抑えることはできません。
妊娠線ができたら、これ以上重力に負けないように下着で持ち上げながら保湿をするしかないとみて良いでしょう。
もちろん妊娠線は締め付けは禁物なので、フィットしながらも着け心地が良いブラジャーを見付けましょう。
よくある、ただ当てているだけのブラジャーでは妊娠線が増える一方と言っても過言ではありません。

そして、お腹や腰は体質が大きく関係しますがクリームで保湿と内側からの体質改善で頑張るしかないようです。
肌に良い食べ物、睡眠、リラックスを心がけて肌を労わることで少しでも妊娠線が増え続けるのを回避することができます。