妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

双子などの多胎児妊娠での妊娠線

妊娠線というものは結局は「できやすい人も居れば全くできない人もいる」と片付けられてしまいます。
しかし、双子などの多胎児妊娠の際には妊娠線が出る確率はかなり高いようです。
というのも、妊娠線の構造は『裂ける』ということなのですが、これも人によりけり。

お腹の中に赤ちゃんが一人居るよりも二人三人となれば、お腹が大きく膨らむ確率は確実に高いのですから否応なしに妊娠線の確率も上がるのです。
これは、「人によりけり」というものを超える皮膚の張り方ということでしょう。

双子などの多胎児妊娠は妊娠線が出る確率はかなり高い

複数の胎児が体内に居て、そこに栄養も送っているので貧血にもなりやすく、貧血とはそれなりに自身へ栄養がいっていないということ。
それは肌への栄養も含みます。
そして多胎児妊娠の際の妊娠線は、できて当然という見方もあるようです。
双子の妊娠線
人間は本来胎児一人を妊娠できるように作られていて、胎児が二人三人となると母体が感じる重さやお腹の張り(子宮収縮)も強く自然とスリスリと摩り、皮膚表面が受ける刺激も強いのだそうです。

妊娠線ができるかどうかは、もともと持っている肌質も大きく関係しますが外的要因も妊娠線の素となるのです。

ただでさえ大きく膨らんだお腹の皮膚は伸びに伸び、乾燥も引き起こしやすくなっています。
一人を妊娠していても、妊娠後期に差し掛かると胎児の位置も変わり、再度皮膚は急激に引き伸ばされます。
この時に一気に妊娠線ができる人が多いのですから、双子ちゃんの場合はそのまま2倍の確率とまではいかないにしろ、かなり妊娠線ができやすい状態になっているということです。

保湿ケアを重点的に行うことで予防できる妊娠線

では、多胎児妊娠でも予防はできるかという話ですが、無理なことはありませんし、確率が高いだけで必ず妊娠線が出るわけではありません。
一人を妊娠している妊婦さんと同じ用に予防をするだけでも、お肌は充分に応えてくれます。

胎児への血液の確保で貧血を起こしたり、ホルモンの影響でいつもと違う肌状態になる、つわりで食生活が偏るなどしてただでさえ膨らむお腹の皮膚は亀裂が入りやすくなっていますので、肌表面の水分だけは絶対に不足させてはなりません。

また、双子ちゃん妊娠には管理入院することも多く、今まで妊娠線が無くても病院の冷暖房による乾燥が妊娠線を助長させる、複数のいのちをこれから育てなくてはならないといった不安な気持ちを持ってしまい、心身のバランスが不安定になり、その結果は肌にも出るなど妊娠線が出る機会や要素も増えるのでしょう。

どうあれ、待望の赤ちゃんが複数来てくれると楽しみにして、内側はもちろん外からの保湿を重点的に行う事しか術は有りません。
それこそ赤ちゃんが二人三人生まれたら、できてしまった妊娠線のケアをする時間も無くなりますから予防あるのみなのです。