妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

ホホバオイルは妊娠線を作りにくい

スキンケア化粧品によく使われる天然オイルのホホバオイルですが、美容効果が期待できるだけではなくて妊娠線の予防にも効果的なのです。

ホホバオイルはどうして妊娠線予防に効果的なのか

ホホバオイルに豊富に含まれている「ワックスエステル」という成分が妊娠線予防の鍵となっています。
この成分は水分を抱え込む力があるので皮膚の水分量を保つのに理想的なのです。

ホホバオイルで妊娠線ケア

妊娠中は水分量が減って乾燥しやすくなるので、水分を補うためには大いに役立つ成分と言えます。

しかも、私たちのお肌と同じ成分なので、デリケートな妊娠中のお肌にも安心なのもうれしいポイントです。

また、ワックスエステルは角質層を柔らかする働きがあります。
妊娠中にお腹が大きくなる時にはどうしても角質層が硬くなって肉割れを起こしやすくなりますので、ホホバオイルを使ってケアをすることが有効なのです。

特別なホホバオイルじゃなくても妊娠線予防ができる

妊婦さん専用の妊娠線予防クリームのような特別な製品ではなくても、ホホバオイルは一般的に販売されている製品でいいのです。

もともと私はスキンケアやヘアケアにホホバオイルを以前から使っていたので、妊娠してからはその延長として妊娠線予防のマッサージに使うようになりました。
妊娠線の予防のために色々なメーカーのホホバオイルを使ってみましたが、どこの製品でも肌馴染みが良くサラリとした使用感で、保湿やマッサージに適しています。

妊娠線を防ぐためのスキンケアというと変化の大きいおなかの部分へ集中しがちですが、全身の他の部分へのケアも忘れてはいけません。
体重増加によって妊娠線ができる可能性があるのは、下腹部やお尻、太もも、バストや乳房の周囲なども同様なのです。

妊娠線予防の効果

そこで、全身の保湿ケアを行うのに便利なのがホホバオイルなのです。
ホホバオイルは植物から精製した無香料・無着色の天然オイルですが、毎日のスキンケアオイルとして、顔、髪、ボディ、どこでも幅広く使用できます。

ホホバオイルは100%が美肌成分という成分構成なので、妊娠線ができやすそうな部分に超濃厚な美肌原料を直接与えることができます。
スポット的なケアにも全身のケアにも適していて、潤いとハリの手応えをより早く実感できます。

できてしまった妊娠線を消す?ホホバオイルの効果とは

みなさんもマッサージオイルとして一度は使ったことがあるかもしれないホホバオイルですが、このオイルには妊娠線を目立たなくする作用があると聞いたことがあります。

妊娠線ができてしまったとしても、出産後に時間が経過すると自然と目立ちにくくなってきます。
妊娠中に赤紫色をしていた妊娠線は出産後に体重が戻ってくると白くなってくるので見えにくくなりますが、その線は光って筋のように見えてきます。
これができてしまった妊娠線の大きな悩みとなってしまうのです。

できてしまった妊娠線は消えないとわかっていても、できるだけ目立たなくしたいものですよね。
そこで、ホホバオイルを試していただきたいのです。
ホホバオイルは妊娠線によって傷ついた肌を修復し、肌の生まれ変わりを早めてくれる作用があると言われています。

出来てしまった妊娠線のケア

私自身にできてしまった妊娠線にもホホバオイルを試してみました。
妊娠線を消したい部分にホホバオイルを塗ってマッサージを行ったところ、血行が促進されて肌の新陳代謝が上がり、出産後数年経った今ではだいぶ目立たなくなっています。
確かにホホバオイルの効き目は十分にあると思います。

できてしまったらいかに早くケアするかが大切であるかということを実感しましたので、妊娠線が残ってしまってもしょうがないと諦めるのではなくて、できるだけの努力をするのがいいと思います。