妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

おしり周辺の妊娠線

特に女性では、妊娠線に限らずおしりやおしり周辺に妊娠線やストレッチマークが少なからずあるかと思います。
要は【肉割れ】です、ないですか?
私は妊娠線が出来る前に既にお尻に肉割れがありました(苦笑)

おしりはとにかく妊娠線ができやすい

妊娠線はともかく、それが体重の増加でできたのか成長期の身長の伸びに追い付かずできたのか、横線か縦線か?
どうあれお尻やお尻周辺はとても妊娠線ができやすいのです。

お尻は筋肉と脂肪でできていて弾力はありますが、弾力があるのは脂肪であり皮膚ではありません。
しかも、お尻やお尻周りの皮膚は冷たく硬いですから、しっとりきれいな肌でいるのはとても難しい箇所ですし、妊娠線ができるのもとても簡単なのです。

おしり周辺の妊娠線
お尻はどちらかと言えば、ストレッチマークよりも妊娠線の方が要注意でしょうか。

お尻に関しては、妊娠中は皮膚の状態と共に脂肪の付き方や脂肪の垂れ方、どれをとってもメキメキと妊娠線を拵えるためと言っても良いほどで、お尻に妊娠線ができるタイプの人も理由も様々です。

まず妊娠線は脂肪の厚いところにできやすいと言われていますが、お尻はほとんどが脂肪であり、もしもキュッと上がったヒップの持ち主でも妊娠中にそのヒップをキープすることは難しいですね。

そうなると、お尻の筋肉は衰え脂肪と共に下垂してきます。
その時にかかる皮膚への負担が妊娠線となって出てきます。お尻の下部分、外側に付くのが特徴です。

今まではスッキリしていた箇所でも垂れてきた肉が陣取り、想定外の重量について行けず皮膚に亀裂が入るのです。
このようなケースでなくても、妊娠中はお腹を守ろうとして体が腰回りに肉を付けるので、お尻に大きな範囲で妊娠線ができることもあります。

どうやったらお尻に妊娠線が出来ないの?

腰回りに肉を厚く付けようとするのは体の自然な現象なので防ぐのは難しいのですが、妊娠線予防としては体重の管理が一番でしょう。

妊娠線クリームも効果的ですが、角質層が厚く脂肪も付いているので保湿だけでは予防としては少し物足りないといったところです。あとは、運動して筋肉の衰えを防止することでしょうか。
筋肉が活発に運動できていれば、お腹を守ろうとただでさえ増える脂肪を持ち上げる力も付き、皮膚への負担も軽減してくれるのです。

トータルしてみるとお尻にできる妊娠線は、妊娠中の倦怠感が引き起こす運動不足が体重を増加させてできるものなので、少しでも気分の良い時にウォーキングをしたり、普段歩いて行動しない人も意識して歩いてみるだけで随分と体重の増加を抑えることができます。