妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

へそ周りの妊娠線

妊娠中のお腹の出方は母体の体型により形はそれぞれです。
しかし、どの妊婦さんも普段は窪んでいるおへそも突き出るほどお腹は膨らみます。

へそ周りも妊娠線が出やすいところであり、脂肪も落ちにくいところなので妊娠線が薄くなっても皮膚が弛んでしまい、ブヨブヨとした肌触りでなかなか元の状態に近づけるのは難しそうです。

妊娠中は大体の人が皮下脂肪が増えますね。
妊娠する前から大体の女性はへそ周りに柔らかい肉がついています。

そこへ妊娠中のお腹の膨らみと相成り、亀裂が入るのです。
皮下脂肪の多いところに妊娠線ができるといいますが、へそ周りは特に下腹部や脇腹付近のように皮膚が強く張り詰めないのに亀裂が入るので、まさに脂肪が多いから妊娠線が入った…といったところではないでしょうか。

ヘソの周辺の妊娠線の特徴

ヘソを中心として散らばるような妊娠線ができるのが特徴で、産後の体重の減少が上手くいかない場合には妊娠線も目立ったままということが多いようです。

というのも、皮下脂肪が皮膚表面へ熱を運ばず肌のターンオーバーが乱れ、そのままの形状で留まってしまうのです。
へそ周りの妊娠線
妊娠中に膨らんで伸びた皮膚も思うように縮まないまま、そこに脂肪を蓄えた状態で残ってしまうのですから妊娠線ができたへそ周りは滑らかではなく、少し見栄えが良くないのです。」

ただ、下腹部や脇腹のような太く長い妊娠線とは違って、まあまあ細く短いもので済むことも多いようです。

どんなに体重管理をしても、もともとへそ周りは相当鍛え上げている人でない限りぷよぷよとしていますから、妊娠による脂肪に関しては防ぎようがないし、妊娠中の症状として脂肪が付くのは仕方のないことですから予防には保湿が一番といったところ。

妊娠線クリームでたっぷりと保湿して、普段から肌を柔らかく水々しく保たなければなりません。

へそ周りに妊娠線が出来てしまったら?

へそ周りに妊娠線ができてしまったら、腹筋を鍛えて引き締めるしかありません。筋肉が活発に活動することで肌へ送る熱も上がり、脂肪を燃えやすくしてぷよぷよ蓄えられたぜい肉も減り、肌の調子も整い妊娠線もだんだんと薄くなってくれます。

もともとへそ周りはあまり深く濃く亀裂が入らないので、お腹のサイズダウンと一緒に妊娠線の色も褪せてきます。
引き締めが一番効果的な方法でしょうか。
また、産後の引締めクリームなんてものも販売されています。
私も出産をしたその日から、産後クリームをお腹に塗りましたよ♪

産後の授乳で体重が戻る事が多いので、その時に一気に減量するのも良いでしょう。
産後や授乳期は非常に代謝が活発化するのですが空腹もかなりなものとなるので、要注意です。
妊娠線の色はもちろん、付いた脂肪もどんどん落ちにくくなります。