妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠線の発生率を下げるには?

実際に出産した人のうち、妊娠線の発生率というのも確実な数字をとっていないので妊娠線ができるかどうかはまさに未知数ともいえます。
アンケートなどでも「妊娠線ができたorできなかった」という回答も、全ての経産婦がそのアンケートに答えているわけでもなく、ごく一部の人の回答でしかありません。
妊娠線の発生率
双子など多数の胎児を妊娠すれば妊娠線ができやすいという確実な情報はあれど、ほとんどの妊婦さんは赤ちゃん一人二人に関係なく、消えることのない妊娠線の発生率をいかに下げるかを知りたいはず。

ただ、妊娠線というだけに元々の肌タイプが関わってきそうなのは確かであり、「あなたの肌タイプは?」というアンケートと照らし合わせて見るのも良いかもしれません。

妊娠線の発生率が高い人の特徴

妊娠線ができた人に対し、肌トラブルを抱えた人の回答が比例していたかどうか…。
数件のアンケートを照らし合わせると、乾燥肌や混合肌だという人の数よりも妊娠線ができた人の数の方が随分と高く、元々の肌質云々をしのぐ確率で妊娠線はできることが伺えます。

そうなると、できる限りの予防をして未だに未知数である妊娠線の発生率を低くするしかありません。
まず、妊娠線の仕組みというのが肌の奥から入る亀裂であって、大きくなったお腹や妊娠による体脂肪の増加で急に太ってしまうことが大きな原因です。

単に皮膚や皮膚の奥の、肉と称される部分だけでなくホルモンの影響も受けています。
これらの要因から、少しでも多くの改善や補正を施せば発生率はかなり下がるのではないでしょうか。

ホルモンも影響しているとなると、妊娠に気付いた初期から予防しなくてはなりません。
元々の肌質が良好だったとしても妊娠でホルモンは所謂ダダ崩れを起こします。
肌質も関係してはいますが、それは妊娠中に特に肌質に変化が起こらなかった場合のみ。
この時点で発生率は大きく上がるのでしょう。

徹底した予防こそが妊娠線の発生率を下げることにつながる

お腹がまだ目立たないからと予防を始めない事はまさに大誤算といったところです。
その先もしばらく続く胎児の成長、体重の増加や肌の変化にも対応できるよう内側からも外側からも弾力と伸縮性に優れた肌作りをすることにより発生率は低くなること間違いありません。

外側からは保湿、内側からは栄養と体重管理と生活改善を出産する日まで徹底して行いましょう。
途中、自身の妊娠中の体調の変化を把握できるようになれば、何が一番良い予防法かが分かりピンポイントで妊娠線予防を行うこともでき、発生率をグンと低く抑えることへ繋がるでしょう。