妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠線の予防に腹帯を使っても大丈夫?

日本では妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に昔からの習わしとして腹帯を巻き始める習慣があります。
現在では、昔ながらの習慣としてだけではなく、腹帯を妊娠線予防に役立てる方が増えています。

腹帯ってどんなものなの?

腹帯は安産祈願として昔から使われています。

腹帯の習慣

本来は安定期に入る5ヶ月くらいから、冷え予防や骨盤を支える役割、赤ちゃんへの衝撃を和らげるなどの目的で使用するものです。

現在では、しっかりとおなかをサポートできる腹帯や、腹巻のように伸縮性のある腹帯が販売されています。
どうしても使わなければいけないというものではありませんが、腹帯は保湿効果も与えてくれますので、妊娠線予防には役立つと言えます。

腹帯を使った妊娠線予防のメリット

腹帯はマタニティアイテムの中でも人気があって、妊娠線予防のための製品が通販でもたくさん販売されています。
有名な女性下着メーカーの製品とか、有名芸能人のプロデュースした可愛い製品とか、種類が豊富で選び放題です。

おしゃれな腹帯

腹帯は妊娠5ヶ月くらいを目安に使い始めるものですので、少しお腹のふくらみが感じられる妊娠中期のころから出産までしっかりケアできて妊娠線の予防には効果的です。

そして、妊娠予防クリームよりもお金の負担が少ないところもメリットの一つです。
リーズナブルな妊娠線予防クリームであっても、出産まで継続するには経済的な負担がないとは言えません。
腹帯はお手頃なものだと3,000円前後で購入できますし、一度購入してしまえば出産までずっと使用することができます。

できてしまった妊娠線は出産後徐々に目立たなくなりますが、出産前のような皮膚の感じに戻すことは難しいことです。
ですから、出産前と同じ状態をキープしたいのであれば、無理なく続けやすい腹帯を活用してみるもの良いと思います。

また、私自身は保湿効果が高まるんじゃないかなぁと思って、お風呂上がりに妊娠線予防クリームを塗ってマッサージした後に、おなかが楽な腹巻タイプの腹帯を巻いて寝ていました。
伸縮性のある腹巻タイプであれば苦しいと感じることもないですし、妊娠線の予防にクリームと併用して活用できるのでおすすめですよ。

腹帯を使っても大丈夫?赤ちゃんに影響はないの?

大きくなるおなかを支えるためには腹帯の必要性は十分にあります。
実際に私も腰痛や保温のために使った方が楽でした。

腹帯の必要性

おなかを締め付けることはかえって赤ちゃんの成長を妨げてしまうのではと不安に思うようであれば無理に使用する必要はありません。
実際には、腹帯は医学的な根拠はないとか、血行が悪くなり赤ちゃんに良くないという意見もあるので、腹帯をしないように指導している病院も結構あるようです。
あくまでも腹帯を使うかどうかは妊婦さんそれぞれの自由なのです。

でも、腹帯は種類が豊富だし使い方も色々できるので、興味がある方は一度試しに使ってみるのもいいかもしれません。
マタニティ用品の通販サイトを見てみると、昔ながらのさらしのような使いにくそうな商品以外にも、サイズ調整ができるガードルやコルセットみたいなものとか、他にもマジックテープで留められるようなもの、私が使っていたような楽チンな腹巻タイプなどがあって、意外と使いやすそうなものがたくさんあります。

正直な話、私自身が使ってみたところ、ずっと腹帯をしているよりはしていない方が楽ですし、赤ちゃんも良く動くような気がします。
ただし、腰痛や冷えの改善には効果的ですし、妊娠線予防の保湿ケアには効果的なことは間違いありません。

きつく締めるなどの間違った方法で使わない限りは必ずしも赤ちゃんに悪い影響を及ぼすと言うことではありませんので、ご自身の体のサポートや妊娠線予防に役立てたいと思うならば腹帯を使ってみてはいかがでしょうか。