妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠中にヘアカラーやパーマをしても大丈夫?

インビザラインの「プラチナエリートプロバイダー」とは?

インビザラインプロバイダーのランクについて

見出しにアイコンを使おう<

アイコン

妊娠すると美容院へ行くことにためらうママさんは意外にも多いものです。
それは、普段はおしゃれのために行っているヘアカラーやパーマが妊娠中は良くないと考えてしまうからです。
実際のところ、妊娠中にヘアカラーやパーマをしても大丈夫なのでしょうか。

妊娠

中のヘアカラーやパーマの影響

妊娠中にヘアカラーやパーマをすることは母体やおなかの中の赤ちゃんに影響を及ぼすことは、医学的には認められていません。
ですから、妊娠中であっても髪の毛のおしゃれを楽しむことは十分にできるのです。

妊娠中のパーマ

ただし、妊娠中は妊娠特有のホルモンバランスの変化で頭皮に刺激を受けやすくなりますので、普段よりもかゆみやかぶれなどの皮膚トラブルを起こしやすくなると言えます。

市販のカラーリング剤は美容院で使うものよりも刺激が強いもが多いですし、自分で染めると地肌に付着しやすいものです。
肌トラブルを避けたいということであれば、美容院に行った方が妊娠中に配慮したカラーリングができるのではないでしょうか。

また、妊娠中はカラーやパーマが上手くできないといったケースも起こり得ます。
いつもよりもカラーが入りにくいとか、パーマがかかりにくいとか、妊娠前と違う感覚になることもあるのですが、これは仕方のないことです。
妊娠中の10ヶ月間はなんとか我慢するしかないですね。

美容院

あとは、妊婦さんご自身の体調と相談して美容院に行くことをおすすめします。
美容院はパーマ液やカラーリング剤などの刺激臭がありますから、それによって具合が悪くなってしまうこともあります。
そして、ずっと同じ態勢でいなければいけないので、おなかが大きくなってくると特に体への負担は大きいものです。
少しでも気分が優れないようであれば、おしゃれよりも体調を優先して美容院に行くことを控える方が良いと思います。

妊娠中は髪の毛のおしゃれを我慢するべき?

おなかの赤ちゃんに何かあったら・・・と心配するのは当然のことですが、おしゃれを我慢することはママ自身のストレスになってしまって、逆に胎児にとっては良くないとも言えます。

ですから、体に負担のかからないように、無理をしないように心がけながら、髪を染めたりパーマをかけたりして妊娠中もおしゃれを楽しんでも良いと思います。

カラーやパーマをすることで気分がリフレッシュできますので、何かと制限のある妊娠中のストレス解消になるというメリットがあります。

妊娠中のヘアカラー

とは言え、妊娠中はホルモンのバランスが変化するので、妊娠前の状態とは異なって肌が受けるダメージが大きいかもしれません。
妊婦さんは肌への影響が強く出ることがありますから注意してくださいね。

普段から通い慣れている美容院であれば、担当の美容師さんに妊娠中と伝えれば色々配慮をしてくれるかと思いますよ。