妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠線予防クリームの肌効果

妊娠線の予防には専用の化粧品を使うのと一般的な化粧品を使うのとでは効果に違いがあるのか気になりますよね。

妊娠線予防クリームは一般的な保湿クリームとほとんど同じような気がしますが、妊娠線に効き目のありそうな成分が入っているので何かしら違いがあるのだと思います。

妊娠線予防ケア製品の肌効果

妊娠線の予防には保湿ケアが特に重要なので、保湿成分にこだわっている製品がたくさんあります。
ですから、妊娠線予防クリーム一般的な化粧品と比較するならば、保湿力に関しては十分な保湿力があるのではないでしょうか。

それに、基本的にはさっぱりタイプというよりも少しトロみがあって全身のケアに塗りやすいので、効き目の違い以前に使いやすいところが魅力と言えます。

妊娠中のスキンケア

また、私自身はクリームタイプの他にも水分の入っていない妊娠線オイルも使いましたが、べたつかずにしっかり水分と保湿ができるので、乾燥が気になる部分でもしっとりツルツルになります。

妊娠線専用のクリームやオイルを塗ると水分がしっかり閉じ込められて皮膚が柔らかくなります。
だから、皮膚が成長しても妊娠線ができにくいんですね~。
あと、きちんと保湿できるのでかゆみが出ません。

そして、妊娠線予防クリームだけでは乾燥が抑えられなくてかゆみを感じる方は、クリームとオイルを両方使った高保湿ケアをしてみるとかなり効果が違うと思います。

逆に、保湿ケアはそれほど必要ないという方はさっぱりした使い心地の妊娠線予防ジェルクリームもおすすめです。
もちろん、妊娠中の皮膚の保湿ケアは十分にできますが、クリームやオイルよりもサラッとしているので使い心地が軽いところが魅力です。

妊娠線予防専用の製品は効果が高いのか

色々なタイプの何種類もの妊娠ケア製品を試してみましたが、高保湿力の美容成分が入っているものは潤いがかなり持続します。

妊娠線予防クリーム

私が試した製品にもヒアルロン酸・セラミド・水溶性コラーゲン・プラセンタなどなど、スキンケア化粧品でもよく見かける美容成分が使われていることが多かったのですが、妊娠中のスキンケアにも違和感なく使うことができます。
妊娠線の予防なんていうと特別なイメージがありますが、普段のスキンケアの延長として考えてもいいんじゃないかと思います。

体質的なものもあって、一般的な保湿クリームやボディローションなどで代用しても妊娠線ができない人はできないようですね。
どうしても妊娠線専用の製品は特有の使い心地が苦手ということであれば、妊娠線用でなくて構いませんので保湿ケアができるものを選ぶと良いと思います。

クリームで妊娠線予防

でも、妊娠線に対する保湿力が高いのは妊娠線予防専用のクリームだと思います。
ですから、一般的な保湿化粧品を使うのと妊娠線予防クリーム使うのとでは大きな差が出ると思います。

私自身も一度は普通のボディクリームでスキンケアしたことがありましたが、肌が荒れてしまった使い続けることができませんでした。
敏感肌だと特に妊娠中は肌が荒れやすいので、妊娠線予防クリームの方が専用の成分を使っているなどの配慮がされているので安心して使えるかもしれませんね。

そして、妊娠後期になるとクリームだけでは保湿力が物足りない気がしました。
朝塗ってもお昼くらいにはかゆくなるので、保湿効果が持続するようにオイルも買い足して両方を使ってケアしました。
こまめにつけないと保湿力が持続しないということを実感しましたし、妊娠線予防はきちんと保湿すればするほど予防になりますよ。