妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

お顔の肌荒れが起こりやすい

妊娠中はホルモンバランスが崩れるなどして肌荒れを起こす事は珍しくありません。
それとは反対に妊娠中肌がツルツルのモチモチだった人もいます。
どういうことか、妊娠する前とは全く違う肌質になる人が多いのです。
どちらかと言えば後者の方が良いですね。
産後、夢から覚めたように不眠不休で新生児を育てながら、いつの間にか肌が元のうんざりするようなトラブル肌に戻ったとしても、10ヶ月ぐらいは夢を見たいものです。

前者後者共に、肌質の傾きは正常なことであり、「妊娠中はニキビができない」「妊娠中、シミシワがひどかった」という両極端な情報は常に飛び交っています。
良くなって困ることはありませんが、妊娠中による肌荒れの場合には産後また元の肌質に戻る事が多いのも事実です。

妊娠中はホルモンがお肌に影響を与える

というのも、妊娠中による肌荒れはホルモンが影響するからです。
なにも赤ちゃんに栄養が全部行くからとか、つわりで体調優れなくて肌に影響した…ということは少なからずあれど、妊娠中の長い間ずっと目に見えるほどの肌荒れを起こすほどの威力はないはずです。

特に女性は心も体もホルモンに振り回されやすいのは周知の通りで、それが妊娠して女性ホルモン特有の働きに拍車をかけるばかり女性ホルモンのうちの一つの黄体ホルモン(プロゲステロン)が活発に活動します。
普段は肌荒れと男性ホルモンも大きく関係しますが、妊娠中はこの黄体ホルモンが活発になり肌に影響を与えます。

妊娠中の肌荒れ
ちなみに、妊娠中お肌がスベスベだった人は、エストロゲンというホルモンが増加したため。
ホルモン云々で起こる肌の変化に関しては、エストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンが均等に分泌されるようなら特に肌荒れは起こらないというわけです。

母体は痩せていくのにお腹の赤ちゃんはどんどん大きくなっていく、貧血が続くといった場合には栄養面や血流であってホルモンとは違った形で肌荒れを起こします。いずれも、妊娠中ずっとその状態ではなく周期や赤ちゃんの成長具合、母体の体調の安定のしかたによって変わっていきます。
ただ、妊娠中の肌荒れはやっぱり一番多いのがホルモンの影響によるものですからお肌をきれいにするエストロゲンを作る食べ物で補うのも良いですね。

エストロゲンは卵巣で作られるものですが植物性エストロゲンといって同じ作用をするイソフラボンが手っ取り早いでしょうか。
イソフラボンは大豆製品全般だけでなく、キャベツやひじきといった身近な食べ物に多く含まれています。
どれも妊娠中積極的に摂りたい栄養素が豊富なので身体を労わりながら肌ケアができます。