妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

既に出来てしまった妊娠線は消せるのか?

赤ちゃんを授かったことはママにとって何よりもうれしいことです。
でも、おなかの中の赤ちゃんが成長してくるとつきものなのが妊娠線の悩み。

出来てしまった妊娠線
はじめての妊娠というママは、つわりや慣れない体の変化にとまどってボディケアにまで気が回らないケースも多く、『気がついたら妊娠線ができていた!』ということも。

既に出来てしまった妊娠線のケア方法

既に出来てしまった妊娠線でも限りなく目立たなくできる方法があります。
美容ケアの一環として可能な限り努力してみましょう。

保湿

乾燥して皮膚がポロポロ剥げてヒビ割れたり、出産後もしばらくは跡が残ったりすることがあります。
『専用クリームを塗ってもっと保湿すれば良かった。』と後悔する人も多いのです。

でも、気づいてからでも保湿ケアを欠かさなければ、ヒビ割れを悪化させず、目立たなくすることができます。
保湿成分入りのクリームを塗り込むのがおすすめ。

コラーゲンの修復

妊娠線は皮膚のコラーゲン繊維のダメージです。
コラーゲン繊維が断裂してできる皮膚の凹みがいわゆる妊娠線です。

妊娠線を消したいと思ったら、ダメージを受けている部分のコラーゲンの再生を促進させる必要があります。
ダメージケア成分やリペア成分入りのクリームがおすすめ。

新陳代謝のアップ

妊娠線専用クリームでマッサージすることで新陳代謝はアップします。
また、代謝を高める成分入りであれば塗るだけでも効果的。

どうしても出来てしまった妊娠線をあきらめたくない!

妊娠線をしっかりとケアするためにはクリームの選び方も重要なポイントですよね。
出来てしまった妊娠線をあきらめたくないという人は、いくつかのポイントに絞って商品を選んでみましょう。
妊娠線のケア

・コラーゲン
コラーゲン入りのクリームはおすすめ◎

真皮のコラーゲンを直接的に強化するわけではありませんが、角層の保湿成分として働きます。
乾燥によるヒビ割れに効き目が大きいのではないでしょうか。

・プラセンタ
エイジング化粧品の有効成分としてよく使われる成分です。
エイジングケアではハリを失っている部分のシワ消しに効き目があります。

でも、プラセンタには妊娠線にも絶大な効き目が!
プラセンタはコラーゲン繊維のダメージを修復するパワーが強い美容成分です。

妊娠線予防クリームとして塗り込むことで、コラーゲン繊維が断裂して凹んでいる部分をケア。
肉割れや凸凹に効き目があります。

『妊娠線ができてしまった・・・。』と憂うつになっているはずですから、毎日手軽に気持ち良くケアできるものがおすすめ。
今人気があるのはマッサージができるジェルタイプの商品です。

・マッサージジェル
「マッサージジェル」はオイルとクリームのいいところを兼ね備えたスキンケアアイテム。

みずみずしさとなめらかさのあるテクスチャーなので、マッサージのしやすさから言えば文句なしです。
妊娠線クリーム

そして、ケアしたあとのサラサラの仕上がりも人気の理由の一つ。
しっとりするオイルやクリームもいいけど、入念なお手入れが必要なくっきりした妊娠線には、サッパリとした仕上がりのジェルがおすすめです◎

妊娠線解消におすすめのクリーム

既に出来てしまった妊娠線に効果的な配合成分や使いやすさの特徴がつかめましたね。
そこで、話題の妊娠線クリームをご紹介したいと思います。

素顔のママで

・急激に皮膚が伸びて出来てしまったおなかの妊娠線
・体重増加が予想以上で出来てしまった太ももやお尻の肉割れ
出産後になかなか消えないような妊娠線をどうしようかとお悩みの方も多いことでしょう。

そこでおすすめなのが「素顔のママで」です。

■素顔のママで

素顔のママで

・独自成分:水溶性プラセンタエキス/グリチルリチン酸2K

・主な配合成分:ナノ化セラミド/水溶性コラーゲン/トリプルヒアルロン酸/植物エキス

・容量:50g(約1ヶ月分)

・価格
定期購入:初回価格500円(税抜) 送料無料 
※クレジット払いが条件で、先着300名限定。2回目以降3,980円(税抜)。

通常価格:5,800円(税抜) 送料600円

出産後に赤ちゃんのお世話をしながらのケアがしやすいジェルタイプの妊娠線ケア化粧品。
みずみずしくてなめらかなテクスチャーで、塗り心地は抜群。

くっきり出来てしまった妊娠線の部分をマッサージすることで、保湿とハリケアのダブル効果。
乾燥による皮膚のヒビ割れやコラーゲン断裂による皮膚の凹みを修復できます。

スキンケア後はサラサラの仕上がりになるので、全身の気になる部分を気持ち良くケアできるところも◎