妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠中は便秘になりやすい

妊娠してすぐにすぐに便通に変化が出ることは少なくありません。
確実に妊娠と分かる前、「もしかして妊娠したかも」という段階で身体に変化が出て、その中の症状に便秘もあったりします。

便秘の原因は赤ちゃんを守るためのホルモンの影響

これも例に漏れず『ホルモンの影響』ではあるのですが、どんな作用かと簡単に言えば、流産しないように体が動いているからなのです。
降りるとか、出やすいという働きを妨げるためでしょう。
それには、体内で黄体ホルモンが活発に活動します。

黄体ホルモンは腸からも水分を吸収しては子宮に水分や栄養素を送るように働きますが、胎児のいる子宮への栄養補給だけでなく流産しないようにと体内の動きを変化させるのです。
大切な赤ちゃんが宿った体には非常に理に叶う働きをしているというわけです。

もちろん、その反対に毎日快便へと作用させる事もありますが、妊婦さんのうち7割の人が便秘体質へと変化しています。
どんな人が、どちらの体質に傾くかは定かではないですが、7割という数字で人体はいかに胎児を子宮に留めようという働きが強く出るかが伺えます。
(赤ちゃんの成長も順調で快便だという場合、黄体ホルモンは子宮に必要な水分を送りながら腸内にも水分を補給させ、バランス良く作用したのではないかと考えられます。)

妊娠中はとにかく便秘になりやすい

確かに、妊娠初期は妊娠に気が付かないまま流産をしている事は多く、それだけ不安定な時期だからこそ便秘を起こすほど強く作用するのかもしれません。

中期から後期には、胎児の成長に合わせて大きくなる子宮に腸が押されて便が出にくくなるケースが多いです。
便秘になりやすい妊娠中
もちろんこの時期も妊婦さんの骨格や体型により子宮と腸の接触部分に左右されるので、便通に何の問題もないまま出産を迎える人もいますが、やはり大抵の人は便通に対して何らかの問題が出るようです。

というのも、お腹が大きくなってくると子宮の張りを頻繁に感じるようになります。
張りを感じている時、子宮はとても固くなっています。
それが腸の動きの妨げになります。
便は自然と排泄されるように下りてくるのではなく腸の働きで体外へと運ばれるので、圧迫や張りが頻繁に起これば便通も停滞する癖がついてしまいます。

また、初期のつわりや妊娠中特有の偏食で食物繊維が不足するのも便秘要因になりますし、出産への不安などの精神状態から生活リズムのバランスを崩すなども挙げられます。
このように、妊娠すると色々と便秘になる条件が揃ってしまうようでも胎児と出産のために代謝を上げて細胞分裂を繰り返す時期ですから、いつ便通が正常になるかも分かりません。

とは言っても便秘というのはとても不快な症状です。
日々の食生活や生活リズムを整えて良い便が出るよう心がけなくてはなりません。