妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊娠線クリームを塗る場所は?

妊娠線クリームは、妊娠中は予防としてかなり広範囲にわたり塗りましょう。

妊娠線というと、先ずはお腹。

皮膚に入る亀裂の予防だけでなく、膨らんだお腹を支えるため全体的なケアが必要です。

主に下腹部に妊娠線が出ることが多いのですが、膨らんだお腹全体の肌水分が高ければ安心というものです。

例えばお顔の場合で、口元はカサついていても他はカサついていない。

それはしっとりしているか?というと実はそうでもありません。
水分でしっとりしているのではなく、脂性のせいだったりします。

一枚の皮膚が全身を包む形で人体はできていて、まさに陸続きな作りです。顔、足、背中など箇所によって呼び方が違うだけで境い目は有って無いようなものなので、特にお腹という広範囲は統一したケアが必須といえます。

下腹部に出る妊娠線も、ウエスト部分やヘソ上から全体が潤っていたら出なかったかもしれないのです。

全体に優しく塗り込み、かつ下腹部に厚くパックするように塗布することが大切です。

ヒップや太ももは妊娠線でなくても成長期の急激な身長の伸びでも皮膚に亀裂が入ります。

皮下脂肪が多く、皮膚表面の温度が低いことから肌は乾燥してしまうのです。
妊娠中の体重の増加で妊娠線が出ないよう、常にしっとりした肌にしておきたいところですね。

特に出産後のお腹の皮膚のように縮んでくれることもないし、それでいて肉が弛みやすく産後など特に鍛えにくい場所です。

ヒップや太ももは産後も肌状態は変わらないので、弛みと共に亀裂が増えていくこともあります。徹底した保湿で予防しましょう。

バストは比較的肌水分の多い場所ですが、妊娠中から産後にかけてサイズの変化が著しい場所。
従って、皮膚が変動に追いつかず亀裂が入り妊娠線ができてしまいます。

サポートの強いブラジャーで補強すれば妊娠線は出にくいのですが、妊娠中はそうはいきません。

保湿あるのみです。妊娠初期からクリームで予防を努めましょう。

二の腕、背中は体重の増加はもちろん、妊娠中特有の皮膚の変化も妊娠線に繋がります。
二の腕
中には妊娠中は肌がしっとり潤う人がいて、その場合は二の腕や背中はあまり予防を徹底しなくても良いですが、少しでもマズイかな?

と思えば、少々ケアしにくい場所ですが毎日クリームを塗って損はありませんね。

その他、妊娠中毒症など、浮腫みが原因でふくらはぎ裏にも妊娠線が出ることもあります。

それらは大抵、検診で兆候が分かるので直ぐに妊娠線予防リストに追加し、お腹と変わらないケアをしていきましょう。ふくらはぎはバストやお腹と違って産後ずっと隠す場所でもないので妊娠線が出てしまっては大変です。

できてしまった妊娠線には、少しでも保湿をして悪化を防ぐためにクリームでケアしましょう。