妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

足がつるのは生理現象

普段は運動した時や睡眠中しか足がつるということに遭遇しないのに妊娠してから、特にお腹が大きくなるに連れて足のつりが頻繁になる人はとても多いです。

足のつりは筋肉の収縮がそのまま硬直したもので、お腹の赤ちゃんに影響したり出産に影響といった深刻なものではありませんが、なかなかどうして結構な痛みだし頻繁に起こるとなると辛いものです。
足がつる

妊娠すると、胎児の成長に合わせて膨らむお腹はゆとりを持ちながらも固定しようと骨盤を緩め、かつ子宮の周辺の筋力をアップさせます。
それはそれで必要なことなのですが、他の箇所に無理が出てしまう事もあります。

例えば、硬くなった子宮の周辺の筋肉が腸を圧迫して便秘を起こす、鼠蹊部の静脈を圧迫して脚が浮腫んで疲れるなど、良いことばかりではありません。

妊娠中の足のつりは骨盤の変化が大きな原因です。
それとミネラル不足

妊娠中に足がつらないようにするためには

まず、骨盤の変化は胎児の成長に合わせるためで仕方がないので、無理のない程度に締めるとずいぶん脚の筋肉も安定してくれます。

妊婦用のベルトやガードルがありますね。
お腹を安定させて、骨盤を程好く締めてくれます。
ショーツタイプ、ベルトタイプ、柔らかい素材のものから硬くしっかりサポートしてくれるタイプの物など実に様々な物があります。

骨盤を締めるのには少し窮屈感があったら、お腹だけでも包む帯タイプの物をするだけでもお腹の安定感に違いを見せ、脚の筋肉にもゆとりを持つことができます。

また、足の筋肉が硬直するには血流の良し悪しも大きく関係します。
無意識に肩や首に力が入り、肩こりになるのと同じです。
肩こりの時、首や肩の筋肉はカチコチに強張っていますね。

子宮周辺の筋肉が固くなり、骨盤も緩くなるということは必ず鼠蹊部は圧迫されているのですから脚も通常通りの血流とは言い難く、固く強張りやすくなっているのです。
これは、安定期に入り軽く運動して良い時にウォーキングなどで筋肉を馴らす事が効果的です。

そして、もう一つの原因であるミネラル不足も血流に関係していて、お腹の赤ちゃんに栄養を送る母体は少なからず何かしら栄養素が不足しがちなのです。
ミネラルだけでなくビタミン、カリウム、カルシウムなど全てにおいて何か不足しているといっても過言ではないのです。

その中で血流に影響を及ぼしやすいミネラルが挙げられるのですが、ミネラルは海藻や青魚、大豆製品に多く含まれています。
どれも体に良いとされる食品です。
しっかり食べているようでも胎児へ栄養が行っていれば母体に症状が出るので、とりあえずは体に良いとされる食品を意識して多く摂るのも良いでしょう。