妊娠線予防の方法やクリームの口コミ

妊婦さんに必要な栄養

体内で赤ちゃんを育てている妊婦さんのみならず誰しも栄養はバランス良く摂取しなくてはなりませんが、やはり妊婦さんは赤ちゃんに栄養を送らなくてはならないので、バランス良く摂取しているつもりでも何かが欠乏したり、また避けた方が良いとされる栄養素があるなど色々と大変です。

妊婦さんに必要な栄養

まずは必要な栄養素からみていきましょう。

妊娠すると鉄分を摂らなければ貧血になると言いますが、これも赤ちゃんや胎盤、子宮が血液をたくさん要するからなのです。

妊娠中の貧血とは、意外にも重度でない限り胎児への影響は少ないのですが、心配なのが出産時の出血です。

妊婦さんに必要な栄養
血圧の低い貧血の状態で大量に出血してしまうと出血が止まりにくくなり、ひどい場合には意識を失う、輸血が必要となることもあります。
そこを防ぐために欠かせないのが鉄分なのです。

鉄分は主に海藻、レバー、ほうれん草というように普段から摂りやすい食材に多く含まれています。
妊娠中を通して積極的に摂らなければならない栄養素の一つです。

また、葉酸もその一つです。
葉酸は厚生労働省も推奨していたり、不足すると胎児への大きな影響があるとされていますし、葉酸の不足から赤ちゃんの脊髄に異常があったという女性が葉酸の摂取を呼び掛けるなど何かと反響を呼ぶ栄養素です。

中には普段の食事で充分補えるとして特に葉酸を摂らないという意見も在りますが、やはりお腹の中の赤ちゃんは生まれるまで見えないので不安要素は尽きず、とりあえず摂取するという人も多いのではないでしょうか。

葉酸は多く含まれるとされている食材が、あさつき、枝豆、うなぎ、イクラ、レバーと微妙に「毎日食べる物」とも言い難いのでサプリメント(もちろん妊娠中も安全なもの)が主流なようです。
葉酸の摂りすぎによる副作用は心配ないということなので、ぜひ摂っておきたい栄養素ですね。

ほか、カルシウムとタンパク質が挙げられます。
この二つは主に胎児の体作りに必要な栄養素です。

妊婦さんに必要なカルシウムとタンパク質
カルシウムは歯や骨を丈夫に作り、タンパク質は人体を形成する主成分となり胎児の筋肉、皮膚、髪を作ります。

これらも妊娠中は母体が摂取しても赤ちゃんへと流ていくので多く摂らなくてはなりませんし、カルシウムとタンパク質が不足した体で出産すると、産後の肥立ちに悪影響を与え、倦怠感や冷え、骨粗しょう症をも引き起こすことになりかねません。

また、カルシウムは精神安定効果もあるので出産まで不安を抱えやすい妊婦さんにとっては必須ですね。

上記の栄養素とは逆に、摂取量を控えなくてはならない栄養素が塩分と脂質です。
どちらも過剰に摂取すれば高血圧を招き、妊娠中毒症を引き起こす可能性が高くなるからです。